スズナリで、ではなく、スズナリが。

昨日は住宅地にポスティングするチラシを、木村君、高田さん、鈴木さんが計4時間のあいだ印刷してくれた。
19時以降はSave the 下北沢の事務所にちらほらと人が集まり、折込作業をした。
作業後には高田さん特製のスープカレーも振舞われ、みんなで汗をかきながら食べた。

「今回のイベント、情宣(宣伝活動)が思うように進んでいないよねえ…」と話しながら、木村君に指摘されて、「あっ!」と思ったことがある。
それは、「道路によって破壊の危機にあるスズナリがいよいよ立ち上がった」ということが伝わりにくくなっていて、「スズナリでイベントを行う」ことが前に来てしてしまっていることが、苦戦の原因なのかもしれない、ということだ。
今回のイベントは運動の一部としてというより、文化イベントとして受け取られている傾向にあるのではないか。

それはいかん。

スズナリが再開発をめぐってイベントを「主催」までしちゃうこと、それははっきり言って、「事件」なんです。

下北沢の地元のお店による運動体「下北沢商業者協議会」が出来たのは、二年前の暮れのことである。
今までSave the 下北沢下北沢フォーラムがさんざん世田谷区に部外者扱いされてきたので、ここらで純粋に地元に根付いている人たちの「No」を、区に突きつけようとして始まったのだ。

2005年の秋から、Saveの人たちが約半年くらいかけて地元のお店に「かわらばん」を配って歩いた。そして、その年の暮れに「54号線見直し」への賛同署名を集めてみたら、賛同店はなんと500店舗を越えていた。
「下北沢商業者協議会」が出来たとき、Saveの人たちはすごく盛り上がった。
なぜなら、「Saveの活動が街の人々に支持されている」ということが、初めて目に見える形になって表れたからだ。「下北沢商業者協議会」は、Saveが作ったようなものなのだ。

こうして「下北沢商業者協議会」は、ジャズバーのLady Janeの大木さんが代表となり、Motherの山崎さんや三好野のしろうさん、りゅうの若尾さん、shelterの平野さんなどが中心となってスタートした。

年が明けた1月18日、「下北沢商業者協議会」とSaveの人たちは、500軒分の要望書を持って、世田谷区にサウンドデモをした。
「区長に会わせろ!」と口々に言いながら。区庁舎のロビーには平日の昼間なのに大勢の人々が詰め掛けて騒然となった。
でも、けっきょく区長はその日、出てこなかった。

その後、10月18日の事業認可までは、世田谷区に交渉を続ける毎日だった。
「下北沢商業者協議会」は名実ともに地元の人間の団体だから、交渉の最前線に立った。
私も大木さんと一緒に、何度も世田谷区や東京都に出かけた。
(だいたい午前中に面会がセッティングされることが多くて、ジャズバー経営の大木さんには大変だったようだ。)

実は、2006年は同時に、とてもつらい一年でもあった。
「下北沢商業者協議会」はSaveのように、「誰もが入れる市民運動」ではない。
「地元の店舗の運動である」ということが、会の存在意義だったからだ。
けれど、店舗の人はお店の経営が忙しいこともあり、賛同はしてくれるけれど会議に来てくれる人の数は伸びない。むしろ減る一方だった。
(再開発が実現してしまうことに危機感があまりないことも原因かもしれない。)

だから、仲間が街にどんどん広がっていくということなんて夢物語で、会をなんとか維持していくことに精一杯。事務局の私はプレッシャーも重なって、いっぱいいっぱいになってしまった。
(そして、大木さんといっぱい酒を飲んだ。って、これは言い訳。いやー本当によく飲みました。)

ねばりづよく交渉をして区長に面会をするところまでいったけれど、事業認可は10月に下りてしまった。
みんな、「今まで頑張ってきたことが報われなかった…」と、ガックリしてしまった。

しかしそのあと、瀕死状態だったお店の運動を救う、強力な仲間が登場した。
それが、スズナリの野田さんや山田さんであり、グランテカールの神宮さんであり、シネマアートンの岩本さん、zu innの天野さん、彩季苑の丹羽さんである。
彼らが中心メンバーに入ってきたことで、「下北沢商業者協議会」は息を吹き返した。
なかなか盛り上がらなかった地元の店舗の運動も、きっと盛り上がっていけるのではないか。
声を上げて待っていたら、応答する人はいるものだ。はじめてそう思うことが出来た。

そんな流れの中、今回のSHIMOKITA VOICEのイベントが今年の夏前に決まった。
老舗の劇場「ザ・スズナリ」が運動の中心にいきなり飛び出して、イベントを自ら「主催」する、と言い始めたのだ。
それってはっきり言って、「運動の成果」じゃないですか?今まで運動をやってきた人全員の。

ちょっと長くなってしまったけれど、スズナリがイベントを「主催」することが「事件」である理由でした。
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-07 04:08

運動を語る、大荒れの予感

私の担当している13日のシンポでは、仲俣暁生さん、曽我部恵一さん、motherの山崎千鶴子さん、という下北沢メンバーに加えて、外部者の視点としてcharlieこと鈴木謙介さんに登場してもらい、下北沢から「運動とは?」を考えることが狙い。

のはずだったのだが…

先日曽我部恵一さんと打ち合わせをして、びっくりするようなことがわかってしまった。
曽我部さんに「運動に参加するきっかけってどんなものでしたか?」とたずねたら、なんと曽我部さんは「おれは運動に参加はしてないよ。手伝いはするけれど…」と答えたのだ。

曽我部さんは、この問題が明るみになった直後にわざわざSave the 下北沢に連絡を取り、さらには再開発問題をテーマにフルアルバムを出し、アーティストの運動体「Sound of Shimokitazawa」の第一弾としてリリースしている。
だから、私はてっきり彼は「運動をしている」という意識なのだと思っていたけれど、「そんなことはないよ、ふだんの活動からなんの垣根も越えてないよ。」と言われてしまった。

そう言われてはたと考えてみると、仲俣さんともこの間なんどかお会いして話したが、彼も「自分は運動の外部にいて、運動をウォッチしている。」というスタンスをとっておられる。
でも、仲俣さんは東浩紀さんとの対談の中でも下北沢サイドの感覚を表明しておられるし、だいいちSaveのメーリングリストにだって入っている。行政訴訟の原告でもある。
だから、運動のインサイダーであるといえなくもないと思うけれど、ご本人に「運動の当事者ですか?」とたずねたら、否定されるであろう。

ようするに、当初は鈴木謙介さんだけを外部者として想定していたけれど、当事者意識があるのは山崎さんと私だけ、ということになってしまった。
これはやばい。

ちょっと関係ないけれど、こないだゴダールの「アワーミュージック」を映画館で見た。
めっちゃくちゃおもしろかったのだが、何がよかったって、「現場にいる人間には言葉が語れない」というセリフ。
行動と言語って乖離していてどちらかしか出来ないのは、仕方ないことなんだよ、いろんな人がそれで悩んできたんだよ、とゴダールが私にやさしく諭しているような気がして、ちょっと泣いた。

実はこの一年くらい、下北沢をつうじて考えていることをみんなに伝えたくて、ブログまで作ったりして努力はしてみたけれど、どうもさっぱりうまくいかない。
のどの頭まで出掛かっているけれど、出てこないのだ。

最近下北沢の運動が、「高円寺みたいにもっと面白くやれ!!」だの「もっと真剣にやれ!!」だのと言われたりしているけれど、正直なんか悔しい。
この数年、街の中に身を置いて人々の動きや行政の感触などを知りながらやってきた身としては、「とはいってもどうしようもなかった。」という思いで悔しくなってしまう。

たぶん、多くの人は、「じゃあ、どうだったんだよ??」と聞きたいんだろう。
そして、それを私もうまく伝えたい。
けど、言葉が出てこないんです。

そんな自分にケリをつけるため、13日は、圧倒的マイノリティーである「運動当事者」として、私が語れるような日にしたい。
外部的視点とともに、確かな言葉を持っているパネリストの人たちに、負けないような言葉が私に語れるんだろうか。

(このブログ、自分で自分の首を絞めてないか?)

下北沢で、運動を語る―『再開発反対』のいま

13日(月)午後4時半~6時
パネリスト:鈴木謙介/仲俣暁生/曽我部恵一/山崎千鶴子(mother)
司会:久山めぐみ

(この日は7時半から曽我部さんがライブをしてくださいます。志田歩さん、あがた森魚さんとのジョイント。そちらも来てね。)
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-05 04:47

Lady Janeと映画、運動

二日目の夜は、映画ナイトだ。
青山真治さんの映画「路地へ 中上健次の残したフィルム」の上映、大友良英さんのライブ、そのあとに青山さんとLady Janeのオーナーの大木さんのトークがある。
昨日「演劇人が一挙に動いたのは初めて」と書いたけれど、とある方面の人々が熱狂的に支持しているであろうこのお二人が揃って出てくださることになったのも、今回が初めてだ。

スズナリ野田さんの提案で、今回のイベントは夜は音楽、映画、演劇ということになった。演目が決まっていないとき、「下北沢、といって連想する映画って何だろうね。」と、商業者協議会のみんなで話し合った。野田さんが「『ざわざわ下北沢』はどうですか。」と言ったら、大木さんが、正確なことはあまり覚えてないけど、「つまんねえよ、あれ。もっとほかにいいのがあるだろ。」みたいなことを言い放った。(私も同感だ)
それで、『路地へ』の上映に決まった。

青山さんは、LadyJaneの常連である。私も何度かお店で遭遇したことがある。カウンターで私をはさんで、大木さんと青山さんがほがらかに音楽の話をしていたことや、『東京から考える』(東浩紀、北田暁大著。)をめぐって、青山さんとしばらくジャスコ化、ストリート、路地について激論(?)したこともある。(あたりまえだが酔っ払いながら。)

わたしは大学のころから映画が好きだった。
当然、青山真治さんの映画もよく見ていた。周囲に『ユリイカ』をおそらくは10回以上(いや、もっと?)は見ているであろう青年男子の友人もいる。
だからこそ、再開発反対運動をすることで、こんなふうにしてご当人と知り合う機会があるのは、なんだか不思議な気分だ。
(私は一介の大学院生ですが、偶然お店の人と知り合う機会が多かったので「下北沢商業者協議会」の仕事をやっているのです。)

経緯はよく知らないのだけど、大友さんもLady Janeの大木さんと深い付き合いのようだ。
大友さんはご自身の日記の中で、大木さんのことをこのように書いている。
Lady Janeは、70年代には松田優作やら相米慎二が入り浸り、今日に至るまで、我等のような音楽をやる人間の牙城とも言える店。PITINNとともにオレを育ててくれた店でもある。大木さんに何かを頼まれたら、オレは、四の五の言わず直立不動で「YES」を言うことにしてる。無名時代から現在に至るまで、そのくらい世話になっているのだ。(2007年5月16日の大友さんの日記より)


うーん。なんだかすごい。

出会って数年だけど、私もずいぶん大木さんにお世話になっている。
悲しいこととかむかついたことがあるとその日のうちに大木さんに話しに行く。慰められてるうちになぜか言い合いになったりして、酒をどんどんと飲んでいる。
「この人には何を話しても大丈夫。」という安心感があるからそうなる。
60歳過ぎの人と、ここまで仲良くなるとは正直びっくりだ。

このことは別にまた書きたいのだけど、LadyJaneは今まで下北沢のお店の再開発反対運動を先頭にたって引っ張ってきた。
LadyJaneと下北沢と映画と音楽と運動と… 
これらが私の中では連想ゲームのようにつながっている。そのことを、みんなに伝えたい。

8月14日の夜は、LadyJane界隈のおふたりが登場する。
是非来てください。
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-02 05:30

今日のできごと

こんにちは。
事務局長兼一人事務局のクヤマです。

本日は、お昼の2時にスズナリに集合しました。
今回の企画、スズナリが主催、商業者協議会が共催ですが、かなりいろいろな方の協力のもとに準備が進められています。
セイブザ下北沢から片平さん、訴訟の会から鈴木さんが来てくれて、プレスリリースやポスター貼りを手伝ってくださいました。
多謝。

私はスズナリに残って、木村君がかなり長い時間かけてプレスリリースを送ってくれたマスコミ(計120件!)に、かたっぱしから電話をかけて、「取材に来てくださいね」って念押しする作業をしました。

ところで、今日はちょっとした事件がありました。
下北沢には世田谷区が持っている掲示板が5箇所くらいあって、そこには非営利で公共的なイベントのポスターを貼ることができます。
鈴木さんが北沢支所に許可を取りにいってくれたところ、なんと「掲示不可」と言われた、とのこと!

理由は、「道路計画ということばが書いてあるが、あなたがたの見解は区のものとちがう。区と見解がちがうものは載せられない。」「そもそもスズナリは民間団体である。区の掲示板は民間団体には貸し出さない。」だそうです。

実は、私が昨年カルチュラル・タイフーンという研究会の名義でシンポジウムをしたとき、同じような事件があったんです。
「ポスターに反対運動の写真を使っている。区と反対の団体のデモの写真を使っているポスターに公共性はない(!)。だから掲示できない。」って。
絶対におかしいと思ったので、1時間ほど北沢支所で抗議して、その場で意見書まで出したのですが、前例は見事に踏襲されてしまった模様です。
(写真は昨年のポスター。)
c0128571_414486.jpg


世田谷区と北沢支所の部署の関係性にひびが入るから、北沢支所がびびっているのかな。
これはあきらかにやりすぎです。

ちなみに、今日はあとで野田さんが直接窓口に交渉に行ったところ、「道路計画に反対という言葉をポスターが明言していないのは理解した。けれど、スズナリは民間団体だから、やっぱり掲示はできない。」と言われたそうです。

うーん。
謎が残ります。
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-02 04:02

ぞくぞくとやってくる演劇人

c0128571_553476.jpg今回の企画の実現はやはり、なにを措いてもスズナリの尽力によるところが大きい。

実は演劇人がこれだけ大勢協力してくれることになったのは、下北沢の運動にとって今回が初めてだ。
それはやはり、「再開発、このままでいいの?」という問いかけを発したのが伝統ある劇場「ザ・スズナリ」だったからなんだと思う。

私はセイブ・ザ・下北沢のかわらばんの取材として、企画者であるスズナリの野田さんに話を聞いた。
文字数の関係でカットしたところが多かったのだけど、野田さんは、「たくさんの演劇人に愛されているスズナリが、自分自身の姿を変えていくことを自分がただ黙って見過ごすのは、申し訳ないと思った。」という内容のことを言っていた。
そのような責任の取り方って理解できるし、かっこいいと思う。

《Save the 下北沢 かわらばん》
http://www.stsk.net/news/2007/07/21shimokita_voice.html

実は、道路計画はもうすでに一期工事の認可がおりている。
でも運動はまだまだ終わらないのではないか。
認可が下りたからといって、ただ工事が進展するのを黙って見守るだけ、というシナリオにはならないのではないか。
だから、今回たくさんの演劇人が協力してくれるように、仲間がこれからどんどん増えていくことはとてもうれしいことだ。

スズナリは本多グループの傘下にある。社長である本多一夫氏は「賛成派と反対派の両方に腕を引っ張られて身動きが取れない状態であった」(野田さん談)そうだ。
下北沢は「演劇の街」だと言われているし、本多劇場はこの街のランドマークになっているのは間違いない。本多氏には、この街の行方について自らの姿勢を明らかにしてほしいと思う。

運動はまだ終わらない。
だから私は、本多一夫氏が公式の場に出る、このシンポジウムがとても楽しみだ。

《シンポジウム3》
◆「演劇は下北沢に何をのぞむのか?」――演劇界におけるザ・スズナリ喪失の意味
ザ・スズナリにゆかりのある演劇人が集結。街と演劇について本気で語る!

パネリスト:
柄本明(俳優)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(「ナイロン100℃」主催)
坂手洋二(「燐光群」主催・「日本劇作家協会」会長)
下平憲治(「Save the 下北沢」共同代表)
本多一夫(「本多劇場グループ」代表)
宮沢章夫(「遊園地再生事業団」主催)
流山児祥(「流山児★事務所」主催・演出家・「日本演出者協会」副理事長)
野田治彦(「ザ・スズナリ」舞台部)

時間:8月14日(火)午後2時~3時半
場所:ザ・スズナリ
料金:無料

http://www.shimokita-sk.org/sv/symposium.html#3
[PR]
# by shimo_voice | 2007-07-31 05:07