ゆるやかに繋いでいく

大変ご無沙汰しております。
一年ぶりに「シモキタボイス」制作日誌を再開します。

今年の「シモキタボイス」まで、あと10日。
まだまだ宣伝作業もはかどっていない状態です。
残り10日をなんとか乗り切って、打ち上げでうまい酒を飲むことを目標にしています。


紹介が遅れましたが、私は今回のイベントの主催団体である「下北沢商業者協議会」のひとり事務局長・久山と申します。
社会学系の修士2年です。
ちょうど4年前、偶然に下北沢の道路計画を知って、「Save the 下北沢」にかかわったのがきかっけで、いま、こうしてこのブログをしたためるような立場にいます。


この4年間、本当にいろいろなことがありました。

セイブを始めとしてたくさんの人が本気の勝負をしたおかげで商業者協議会が立ち上がったり、訴訟が100名の原告を集めつつ起こったり、都市計画の学者が学会をあげて道路建設見直しを求める動きを起こしたりしたこと。

それでも行政が強行的に計画の認可をおろしてしまったこと。
(自分の目の前で、都市計画審議会を通過してしまったのを見たときの悔しさは忘れられません)

昨年、新しく運動にかかわった「ザ・スズナリ」が、大きなイベントをはじめるきっかけを作ってくれたこと。

今年もこうして「シモキタボイス」という大きなイベントを開催することが出来るのは、今までかかわってきたすべての人たちの積み重ねの上なのだと思っています。


ひるがえって昨年から今年までの変化を考えると、運動が非常に日常化してきたというか、さりげないものになってきたという印象があります。

この運動は、行政など「相手側」のうごきを見つつ、こちらのうごきを決めるというかたちで形成されてきました。
だから、2年前の10月に認可がおりてから、運動もその分落ち着いてきたのが実情です。

それまでの運動の様子について、新しく運動にかかわった人は想像もできないと思いますが、毎日が戦争で、非常事態の連続でした。
日々、刻々と変わる世田谷区や商店街の動きが続々と情報として入ってくるし、次にやらなければならないことがどんどん出てきて、元代表の金子賢三さんをはじめ、たくさんの人が自分の日常生活を返上して、一日のほとんどの時間を運動のために費やす毎日でした。
(毎日が完全燃焼、と言ったらいいのかな。)

認可がおりているけれど買収は始まっておらず、小田急線の地下化工事(道路計画と一体になっているものです)が進展しつつあるという今の状況で、長く運動にかかわってきた人は、自分の生活を立て直しながら、日常とうまく溶け合うかたちで運動を続けていく、そんな時期にあるような気がしています。


ところで、訴訟が盛り上がりつつある今の運動の展開の中で、私にとって何が「運動」なのか。
それは、いわゆる「政治」にとっては余剰にあたる部分ではないかという思いを強くしています。

音楽イベントとかシンポジウムとか写真展、マップ作りとかは、直接的に政治セクターにアタックするのではありません。
でもそのかわり、これらのうごきは多くの人と下北沢の問題をつないでくれるものだと思います。
自分が好きなアーティストが「下北沢再開発反対!」と言っていたら問題を身近に思えるものです。
(私も、小熊英二さんが賛同コメントを寄せていることを知ったとき、セイブザ下北沢にコンタクトをとってみようと思ったものでした)

それに、運動を作っている側(というか私自身)にとって、音楽とかシンポとかいった表現形態は、表現の仕方としてしっくりくるものです。
自分にとって自然な表現をしながら、おぼろげながらできてしまった「内/外」をゆるやかにつないでいくようにコミュニケーションをすること。
これが、私にとっての「運動」だと思います。


のっけから長くなってしまいましたが、とりあえず今日はこのあたりで。
(あ、宣伝への協力をよろしくお願いしますー)
[PR]
# by shimo_voice | 2008-08-19 02:52

これからにつながる終わり

シモキタボイスが閉幕した。
でも意外なことに寂寥感がなく、幸福な気持ちでいっぱいだ。

今回のイベントが始まる前と終わったあとで、運動をやっている人たちのあいだに流れる空気がなんとなく違う。前よりみんな、元気になっている。
それは、下北沢の問題がまだまだ多くの人の関心を呼んでおり、自分たちを応援したい人たちがたくさんいるのだということを、肌で感じることが出来たからではないだろうか。
お客さんは延べ人数1000人を越えている。毎日足を運んでくれるリピーターの人もいっぱいいたこともうれしい。

そして、運動のみんなが元気になれるイベントが出来たことがとてもうれしい。



事業認可がおりるまでは、基本的には行政のスケジュール(意見書提出とか審議会とか)にあわせて運動の側が対応の方法を考えるというやり方でやってきた。
けれど、事業認可がおりてからは、運動をしている人たち自身の手でシーンを作っていかねばならない。
そのことはみんなわかっていたから、駅前で座り込みをしたり「お花見デモ」をしたりといろいろなことをやった。けれど、いまいち「山場」という感じにはならず、重苦しいムードが支配していた。この問題は行政やデベロッパーなど相手がいるものなのに、相手をうまく捉えて迫っていくことが難しくて、何をやっても相手に届いていないような気がしてつらかった。

そういった意味で、今回のスズナリのイベントはかなり大きなインパクトのあるシーンを作れたと思う。
これからやるべきことの輪郭が少しずつながら見えてきたような気がする。
こんなにポジティブな気持ちになれたのは、事業認可以来初めてのことだ。
こういう機会を作ってくれたスズナリの野田さんの思い切りのよさに、深く感謝しています。


イベントの内容は、じょじょに公開していきたいと考えています。
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-17 01:58

開催、そしてあと残り一日

気がついたらあと一日かあ…
二泊三日の旅行に出た最終日の夜のような切なさを感じています。

シンポジウムは平日の昼なので入りがすごく心配でしたが、小屋がほぼ埋まっている状態。さらにライブは人、人、人。ほんとーによかった。。。

手作りのフェスティバルっていいな、と思います。

アラーキーの写真がいっぱいに貼ってある会場が明日の夜には撤収されてしまうので、さびしいです。写真、めちゃくちゃいいですよ。

なんだかあたまがぼーっとしているのでユルユルな書き込みですが…
シモキタボイスは明日までです。是非ご来場くださいませ。
http://www.shimokita-sk.org/sv/
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-15 01:25

SHIMOKITA VOICE2007

イベントの詳細はこちらからどうぞ。

SHIMOKITA VOICE2007 特設サイト
http://www.shimokita-sk.org/sv/

Mixiコミュニティーはこちら
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2418122
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-15 00:00

街で出会ったポスターたち

今日はお店にチラシを配布しつつ、ところどころで飲みながら、街の中をさまよいました。
旅の途中で出会ったポスターたち。

c0128571_443716.jpg

南口商店街をずっと下ったところにある、「キシフォート」で見つけました。
「キシフォート」の店員さんは、「地区計画」の意見書募集のときにも、かなり熱い意見書を書いていたっけなあ。

お店の中には、昨年Saveが行った「キャンドルライトデモンストレーション」のチラシもまだ貼ってありました。










c0128571_4465942.jpg

ご存知、Lady Janeの店の前の壁。
この壁は、4月の選挙のときには世田谷区議会議員木下泰之さんのポスターが貼ってあったりもしました。
異色な感じで面白かったです。

(写真に撮っておけばよかった…)










c0128571_4484789.jpg

三好野でラーメンをたべた帰りに見つけた、駅前マーケットの中の壁。小田急地下化工事のため、白いフェンスが張り巡らされています。
ポスターは、メイジンスポーツの向かいの壁にぶらさげてありました。
「ザ・スズナリ 入場無料 特別シンポジウム どうぞお持ち下さい」と手書きのメモ付きでした。

メイジンスポーツの息子さんの関根さんは建築家。エンディングシンポジウムに出てもらうことになっています。
http://www.shimokita-sk.org/sv/symposium.html#6
[PR]
# by shimo_voice | 2007-08-08 05:00